教育訓練


国際セキュリティ教育

CCTTでは、セキュリティの先進国である、米国・英国・イスラエルのセキュリティ企業等との提携により、国際的にも高度な専門教育訓練プログラムを作り上げました。
教育訓練には、世界最大の身辺警護・要人警護組織である"IBA(国際ボディーガード協会)"のアジア地区統括責任者で、国際ボディーガードライセンスを持つ指導員が直接指導にあたり、警備・警護に必要な知識や技術だけでなく、判断力や分析力・観察力など、様々な面で優れた人材を育成しております。また、どの社会でも通用するマナーや礼儀、チームや組織を動かすためのリーダーシップなど、人間性を高める指導も行っております。

国際ボディーガード訓練

AISP(国際セキュリティプロフェッショナル協会)とIBA(国際ボディーガード協会)の日本事務局として実施する国際基準に則った要人警護訓練です。
詳しくは、IBA JAPANオフィシャルブログ訓練プログラムをご覧ください。

 

IBA JAPAN オフィシャルウェブサイト

IBA JAPAN オフィシャルブログ

セキュリティドライバー養成

CCTTでは、日本ではまだ認知度の低い、セキュリティドライバーの養成教育訓練・資格認定を行っております。VIP等を乗せ安全に移動するために必要な、セーフティ,セキュリティ,サービスの“3つのS”を教育・訓練し、必要なスキルを習得された方々にはセキュリティドライバーとしての資格認定も行っております。


・セーフティ (Safety)

交通事故等を起こさないよう、安全に移動する運転技術。


・セキュリティ (Security)

脅威・危険を回避ための知識と特殊な運転技術。